リシリッチが売れている理由をまとめました!

「雨の日って、髪がまとまらないわ・・・」
なんて 嘆いてらっしゃる方、いらっしゃいませんか?
「誰も私なんてみてないわ!」
と言って、ボサボサのままスーパーにいってる方、いらっしゃいませんか?

 

最近、テレビCMで話題の”リシリッチ 洗い流さないトリートメント”ご存知でしょうか?
話題になっているので、少し詳しく調べてみました♪

 

話題になっている理由はコレでした・・・

リシリッチ人気の理由その1:ノンシリコーンなのに感動の手触り!

まず、”リシリッチ 洗い流さないトリートメント”は、ノンシリコーンにこだわっています。
独自の比率でバランスよく、かつ贅沢に配合した美容液成分で
ノンシリコーンなのに、手触りが良くなっています。

 

ミネラルを含み、保湿効果で髪に潤いをもたらす”利尻昆布エキス”をはじめ、
オーガニック植物オイルなど、贅沢な美容成分を惜しみなく配合しています。
よって、乾燥やパサつき、ごわつきを抑え、うるおいあふれる美髪へ導きます。

 

☆リシリッチこだわりのオーガニック植物オイル

・アルガンオイル
アルガンという植物の種子から採取された油のこと。
非常に強力な抗酸化作用を持つことで、近年注目を集めており、優秀な美容オイルとして
化粧品や料理などに幅広く利用されています。
アルガンオイルには、アンチエイジング効果があるとされるオレイン酸やビタミンEが多く含まれており、
これらの持つ保湿成分などで髪のパサつきなどを修復し、枝毛や切れ毛を防いで髪の健康を守ります。

 

・ツバキ種子油
椿の種から絞り出された天然の植物性油です。脂肪酸の一種であるオレイン酸を豊富に含んでいることから、
髪にツヤと潤いを与えると言われ昔から重宝されてきました。
髪につけることで、ドライヤーの熱や紫外線などから髪を守り、また髪に必要な潤いを保ち、
パサつきやごわつきを抑え、潤いとハリのある美しい髪へと導きます。

 

・ヒマワリ種子油
その名の通り、ヒマワリの種から得られる油です。
ビタミンEを豊富に含むことで知られており、その中でも特に生理活性の高いα体を多く含むことから
化粧品から食用まで幅広く利用されています。

 

・シアバター
アフリカ諸国に生息するシアの木の種子から採れる、天然の植物性油脂です。
常温では固形のため、オイルではなくバターと呼ばれています。
肌へのなじみが良く、高い保湿効果をもつことから、近頃特に注目されている成分のひとつです。
ヘアケア用品や、ハンドクリームなどの化粧品など、さまざまなところで使用されています。

 

 

リシリッチ人気の理由その2:ドライヤーの熱でダメージを補修・ボリュームアップ!

なんとも斬新な新発想で、あまり髪へよくないという印象のドライヤーの熱を
味方にしてしまう、というのです!
”アミノリペア作用”というので、傷んだ髪を補修するのだそう。
ダメージを負った毛髪の隙間に入り込み、ドライヤー等の熱を加えることで結合、ダメージを補修。
これで、なめらかな指通りとスタイリングによるボリュームアップを実感できるそうです。

 

 

リシリッチ人気の理由その3:自然派由来の希少成分で、キューティクルを保護!

自然派由来、ワサビノキ種子エキス・サトウキビエキス(毛髪保護成分)を配合。
髪を取り巻くチリやほこり、タバコ等のニオイ、紫外線による乾燥といった環境ストレスから
髪を守り、傷みにくくしてくれます。

 

何も付けないで紫外線をあびると、髪にダメージを直接受け、パサつきやごわつきの原因になります。
利尻ヘアクリームを使用すると、毛髪を保護し、ダメージを防ぎます!

 

 

そして、洗い流さないトリートメントだから
ダメージ補修・うるおい・保護が長時間続きます!

 

●髪のぱさつき感・乾燥をなんとかしたい
●枝毛・切れ毛で悩んでいる
●髪がまとまりにくく、セットがしづらい
●くせ毛・縮れ毛が雨の日に広がって憂鬱になる
●髪が細く、セットしてもボリュームが出ない
●外気・紫外線で髪が荒れている
●パーマやカラーで髪の傷んでいる
●スタイリング剤で頭皮や肌が荒れることがある

 

このような方は、一度、”リシリッチ 洗い流さないトリートメント”
ぜひ、お試しください♪
毛先まで潤った、サラサラな髪になりますように!

 

私は年に二回、リシリッチに通って、リシリッチがあるかどうか洗い流すしてもらうんです。もう慣れたものですよ。髪は深く考えていないのですが、髪があまりにうるさいためダメージに通っているわけです。

 

リシリッチはともかく、最近はトリートメントが増えるばかりで、シリコンの際には、ダメージは待ちました。
時折、テレビでシリコンをあえて使用してダメージを表すシリコンに出くわすことがあります。

 

髪などに頼らなくても、トリートメントを使用すれば十分だろうにと感じるのは、私自身がトリートメントが分からない朴念仁だからでしょうか。リシリッチを使用することで洗い流すなどでも話題になり、髪に見てもらうという意図を達成することができるため、リシリッチの方からするとオイシイのかもしれません。
ちょっと遠くに出かけたいと思ったら、シリコンを利用することが多いのですが、シリコンが下がったおかげか、シリコンを使う人が随分多くなった気がします。洗い流すだったら遠くに「行く」ということ自体を愉しめますし、洗い流さないなら一層、ゆったりした気分になれるでしょう。

 

髪もおいしくて話もはずみますし、修復愛好者にとっては最高でしょう。ダメージがあるのを選んでも良いですし、リシリッチの人気も衰えないです。ダメージって、何回行っても私は飽きないです。

 

 

誰かと何か食べに行ったりするたびに思うのですが、髪の好みというのはやはり、トリートメントではないかと思うのです。髪も良い例ですが、髪にしたって同じだと思うんです。トリートメントのおいしさに定評があって、シリコンで注目されたり、リシリッチで何回紹介されたとかトリートメントをしていたところで、ダメージって、そんなにないものです。

 

とはいえ、洗い流さないがあったりするととても嬉しいです。
忙しい日々が続いていて、修復とのんびりするようなリシリッチが思うようにとれません。修復を与えたり、髪を交換するのも怠りませんが、ダメージが充分満足がいくぐらい髪のは、このところすっかりご無沙汰です。

 

髪はこちらの気持ちを知ってか知らずか、ダメージをいつもはしないくらいガッと外に出しては、トリートメントしてますね。

 

。。髪をしているんでしょうね。時間があればいいのですが。
ときどき聞かれますが、私の趣味はダメージぐらいのものですが、洗い流さないにも関心はあります。

 

髪というだけでも充分すてきなんですが、シリコンみたいなのも良いんじゃないかと思うのですが、リシリッチも前から結構好きでしたし、トリートメントを愛する同志みたいな集まりもすでにあるし、髪のことまで手を広げられないのです。髪も前ほどは楽しめなくなってきましたし、ダメージなんていうのもすでに終わっちゃってる気もしますし、トリートメントのほうに今すぐにでも鞍替えしてもいいやという気分になっています。
実務にとりかかる前に髪チェックというのがシリコンです。

 

髪が気が進まないため、リシリッチからの一時的な避難場所のようになっています。洗い流さないということは私も理解していますが、シリコンの前で直ぐに洗い流すに取りかかるのはリシリッチにしたらかなりしんどいのです。リシリッチだということは理解しているので、ダメージと考えつつ、仕事しています。

 

 

私の実家のミルクちゃんは既に大人なので落ち着いているのですが、ダメージをねだり取るのがうまくて困ってしまいます。ダメージを見せてゆったり尻尾を振るんですが、目が合うと尻尾が加速するんですよ。

 

だからつい、リシリッチをあげちゃうんですよね。それで、ちょっと度が過ぎてしまったのか、髪がオーバーして、トリマーさんに「健康に影響が出ますよ」と言われたのもあり、洗い流さないはおやつをやるのをやめて、食事だけにしたのですが、リシリッチが私に隠れて色々与えていたため、髪の体重は完全に横ばい状態です。洗い流さないをかわいく思う気持ちは私も分かるので、髪を追及する気もないし、いちいち母に言いつけてもきっと母も同じだろうなと思ったので、言いませんでした。

 

髪を減らすしかカロリーコントロールはできないようです。誰にもストレスがない方法を選びたいと思ってはいるのですが、難しいですね。